借り入れまでの流れ

インターネットでのキャッシング申請から借り入れへの流れは?
借り入れまでの流れを見てみましょう。

 

突然の出費が発生したときにキャッシングが便利であることは分かっていますが、初めてのキャッシング、借り入れは不安なものです。
申請にはどのような書類が必要ですか?何が審査されるのですか?同僚や家族に知られることなく申し込みできますか?
などなど ... ...そこで今回は最近、主流になっているインターネットによるキャッシング申請、申し込みから借り入れへの流れを調べてみましょう。

 

キャッシング会社の公式サイトにて、申込フォームから必要事項を入力
あなたが忙しかったとしても、インターネットからでは24時間応募することができます。
入力される項目には、「住所、氏名、電話番号、居住形態、職場、勤続年数、年収、雇用形態、家族構成、他社使用状況、借用希望額」が含まれます。
ここで申請された内容が、後で提出された身元証明書または所得証明書の内容と異なる場合、それは信用できない人物とみなされ、審査から落とされてしまう原因になります。
入力ミスには十分に注意し、申請審査に不利に思えるにも内容でも正直な情報を入力してください。

 

 

借り審査の結果(借入可能金額など)は、メールまたは電話で連絡通知されます。
必要な書類を送信する。
WEB契約の場合、携帯電話、スキャナなどで必要な書類を撮影し、指定された住所に送信するか、スマートフォンアプリケーションを使用して送信することができます。
必要書類には、身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)、所得証明書(源泉徴収票、納税申告書、給与明細書など)が含まれています。
ただし、借入が少ない場合は、所得証明書が必要ない場合があります。

 

 

勤務先に在籍確認の電話がかかってくる
登録確認の目的は、申請者が実際に申請した事務所で働いているかどうかを確認することです。
登録確認電話は個人名にてかけるので、職場の同僚などにお金を借りようとしていることを知られたりするような心配はありません。
また、応募者自身が電話に出られず、同僚が「○○○は自分の席を取り除いている」と答えた場合でも、自分が会社に勤務していることを確認できるので大丈夫です。

 

 

審査結果が通知される
審査が終了すると、審査結果は電話またはEメールで通知されます。
審査を通過すると、契約書類とキャッシングカードが郵便で送られてきます。
カードを使用して早速にキャッシングしてみましょう。
また、直接振込によるキャッシング(借入)を選択した場合は、キャッシングカードが届く前であっても借入可能になります。
そして、さらに最近では申込からキャッシング(借入)まで全てがネット上で完結するWEB内完結申込も人気になっています。
WEB完結申込では「電話連絡なし」「郵送物なし」が特徴の申込方法です。
WEB完結申込を利用するには、特定の銀行口座を所有しているなどの条件がありますが、お金をキャッシングしようとしていることを直接家族にも知られたくないという人にとってはとても便利で嬉しいサービスですね。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

WEBキャッシング
若干の違い